高校サッカー選手権!!息子に伝えたいこと・・・。

高校サッカー選手権!!息子に伝えたいこと・・・。

2019年10月27日 愛媛県高校サッカー選手権の準決勝が西条ひうち競技場でありました。

愚息が幼稚園から始めたサッカーの集大成ともいえる大会で、最後の選手権への挑戦になりました。

結果は、負けてしまい決勝進出を逃しました。

選手は勿論、監督・サポートスタッフ・マネジャー・保護者の落胆は大きく、私自身暫く呆然をしていました。

一夜明けて、息子に何かを伝えたいと思い。いろいろと考えて以下のメッセージを送りました。

何度も、ライブ中継の動画を見て悔しさを噛みしめながら・・・。

「昨日は、残念でした。Kが一番悔しいと思います。すぐに気持ちを切り替えることは、難しいと思います。

父さんが、仕事や社員とのことで悔しい想いや、つらい時にしてきたことをアドバイスします。

一つは、感情を書くことです。理不尽なことや悔しい想いを、書きなぐります。出てくる言葉をそのままノートに書きなぐります。それで、少しスッキリします。

次に、自分が出来ることに集中します。他人の考えや行動を変えることは難しいことです。

まずは、「何かに影響されずに自分が全て出来ることで、この悔しさを二度と繰り返さないようにする行動!」を考えます。決して、誰かを変えてやろうとは思わないことです。自分が変わる努力をすることが、大事だと長い経験から学びました。

まず、自分が出来ることを3つ考えて決めて下さい。それを、毎日少しづづ続けていくのです。メンバーとの接し方や、話し方を変えるだけでコミュニケーションは改善出来ます。

例えば、父さんの仕事だと

1. 毎週 新しい経営者と3人会う。 

2. 毎日新しいビジネスのアイデアを1つ考える 

3.毎週 10km走る 

というようなことです。人は、何かを変えたいときは行動を変えないと前に進みません。

唯一変えれることは、考え方と行動です。 今回の準決勝での負けをどうとらえるか? 

インターンハイ優勝のための意味ある負けと考えれば、プラスに働きます。負けた理由は分析をして結論が出たら、そこで終わり。前を向いて行動あるのみです!来年のインターンハイまで、時間はまだまだあります。

父さんも母さんも変わらず、サポートしていくので、安心して成長を続けて下さい。

いつも、感動させてくれてありがとう!応援してます。」

次は、悔し涙を嬉し涙の変えて欲しいと思います。

いずれにしても、スゴイ経験をしている息子が羨ましい限りです!